チーズはどこへ消えた?

読書

『マンガでわかるチーズはどこへ消えた?』

スペンサー・ジョンソン 株式会社扶桑社 2020

 

言わずと知れた、ビジネス書の金字塔ですね。

マンガが出てたので、読んでみました。

 

勝手に『安定』だと思ってるだけで

実は『安定ではない』ということを伝える

本でした。

 

分かりにくいですね。。。。

 

例えば、

昔はガラケー(ガラパゴス携帯)ありましたよね。

絵文字や着メロなど日本に合わせて独自進化したもので使いやすかったですね。

 

でも今は使ってる人は少ないですよね。

スマホを使う人が多いと思います。

 

なぜか?

それは断然スマホの方が便利だからです。

 

昔は良かったもの:使いやすくて『安定』だったものが

今は違うものになる:さらに使いやすいものに変わる『安定ではなくなる』

 

時代が移り変わり

流行が変わっていく

その中で『変化』しないということは

リスクであるということを伝える本でした。

 

このマンガの良い所は

『変化』することが大事というシンプルなことを伝えるだけでなく

ではどうするのか?を書いてある所です。

 

行動が変わらなければ

結果は変わりません。

  

マンガでは嫌いな食べ物に挑戦するという例を出していました。

 

では、あなたはどうしますか?

 

人は超具体的な行動までおとしこまないと

行動できません。

 

あなたは今日、今この時から何を変えますか?

 

まずは、簡単でいいじゃないですか!?

具体的な行動を考えて行動しましょう!

 

その『行動』が『結果』をもたらします。

 

最後までお読み頂いた方ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました