会話・雑談に困ってる人のための本

読書
  • 会話が続かない
  • 雑談のネタがない
  • どう話していいか分からない
  • どうして私はあの人みたいに上手く話すことができないんだろう?

と、悩んでいる。

そんなあなたの悩みを解決してくれるのが

雑談の一流、二流、三流 桐生稔 明日香出版社 2020

本書は、

 セミナーや研修では、60分に20回以上笑いが起こり、場が燃え上がり、最後には衝撃的な感動が走る「心震わすメソッド」を届けている 

出典;雑談の一流、二流、三流

桐生 稔先生によって書かれました。

 

本書は

  1 雑談のはじめ方

  2 話の広げ方

  3 聞き方とリアクション

  4 雑談の盛り上げ方

  5 相手の懐に入る方法

  6 好印象の残し方

  7 雑談がうまい人の心構え

出典:雑談の一流、二流、三流 目次

となっており、

雑談を始める⇒話を広げる⇒盛り上げる⇒雑談を終える

という、フェーズ毎に

一流、二流、三流

が対比されて、書かれています。

 

自分は三流の話し方だと自覚できたり、

一流の話し方を知ることで、どう話していけばいいのかが学べます。

そして、一流の話し方の根本とる考え方を知ることもできるのです。

 

学ぶだけでなく、具体例や、

取り入れやすい考え方

テンプレート

など、読む人が知るだけでなく、行動に移して

結果に結びつけやすくなっています。

 

本を読むだけでは、結果は変わりません

良い本に出会い、良い本を読み、問題解決の方法を知り、実践する。

上記を繰り返すことで、身についていきます。

そして、スキルをみにつけ、成長し、習慣化されることで

結果が出てくるのです。 

 

  • 会話が続かない
  • 雑談のネタがない
  • どう話していいか分からない
  • どうして私はあの人みたいに上手く話すことができないんだろう?

と困っている方のチカラになれる1冊だと思います。

最後までお読み頂いた方ありがとうございました。

この記事が少しでもあなたのチカラになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました