ストレングスファインダー ⑤

ストレングスファインダー

ストレングスファインダー受けてみましたか?

あなたの資質トップ5はなんでしたか?

個人個人によって

トップ5の資質は変わってきます。

資質に優劣はありません。

自分のトップ5以外の資質についても色々と知るのも楽しいですよ。

では、次に私はストレングスファインダーの資質全部を知りたくなり、課金しました。

  

トップ5をみたので次はワースト5を見ていきましょう!

自分の得意なこと

自分の苦手なこと

双方を知って、得意なことは伸ばす

苦手なことは、上位資質で補う、または

人のチカラを借りる。

おもいきってやらない。

など色々対策をうつことができます。

   

 私のワースト5は

ワースト1:成長促進

    2:コミュニケーション

    3:最上志向

    4:活発性

    5:戦略性

色分けしてみると、影響力のグループが苦手であることが分かりますね。

人に影響を与えたい、人を動かしたい

ということが苦手なんですね。

これは上位資質の影響ですね。

自分で考えて行動することが得意

ということは、人を動かすより自分でやたいんですね。

  

ここで今まで悩んだこと、うまくいかなかったことを

思い出しましょう。

 私の場合は、たしかに人にあれして、これしてと指示を出すのは

苦手ですね。自分でやった方が楽です。

そういった行動・考えが強いから成長促進は最下位なんでしょうね。。。

  

下位の資質をどうするかですね。

その資質があなたにとってどうしても必要なら

得意な資質でカバーするしかないですね。

   

”「学習欲」と「収集心」は、とにかく何でも知りたいので質問上手な面もあります。

ひょっとしたら、「学習欲」「収集心」が上位の人は、子どもの頃は質問魔だったりしたかもしれませんね。

余談ですが、この“質問上手”の面をうまく活かせば、人間関係構築力が上位になくとも「学習欲」、「収集心」を人間関係構築力代わりに使うことも出来ると思います。”

出典:ハート・ラボ・ジャパン

というように、上位資質を使ってカバーする方法があったりするので

自分の上位資質をどのように活かせば下位資質を補うことができるか

考える、または過去を振り返ってもいいと思います。

     

私の場合は、トップの学習欲がカバーしてくれることがあります。

活発性が下位の資質にありますが、セミナーなど新しい知識を得れる場には

行きます。

下位の資質より上位資質の特性が勝った結果ですね。

上位資質に自分の求める資質がないからダメなのではなく、

資質に優劣はないので、自分の資質をいかに活かして、

下位資質を補うか、あるいは苦手なことを補うより

得意なことを伸ばす方が、あなたの成長につながり結果を出しやすくなります。

結果が出ることで解決する悩みもあると思うで、下位資質で悩むよりも

上位資質を伸ばしましょう!

  

参考資料:

トム・ラス

『さあ、才能に目覚めよう 新版』(ストレングス・ファインダー 2.0)

日本経済新聞出版社 2019 

ハート・ラボ・ジャパン ストレングスファインダーとは 

https://heart-lab.jp/strengthsfinder/ (参照2020-09-11)

タイトルとURLをコピーしました